大和不動産株式会社|福津市・宗像市・古賀市の不動産賃貸・売買など不動産のことなら当社へお任せ!

大和不動産株式会社|福津市・宗像市・古賀市の不動産賃貸・売買など不動産のことなら当社へお任せ!
営業時間平日9:00~18:00 日祝日9:00~15:00
電話番号0940-42-8882

お引越しの流れ

 

引越し手順とスケジュール

引越しといっても単に荷物を運ぶだけではありません。住民票や各種公共料金の手続きや手配が必要となります。

 

STEP1 引越しが決まったら


現在住んでいる物件が賃貸である場合、契約者本人が貸主または不動産管理会社に対して退去の届出する旨を伝えます。賃貸であれば通常、「退去する1ヶ月以上前に、退去することと定められている賃貸借契約が多いのですが、物件によってはそれよりも前に届出が必要になる場合もあるので、もう一度契約書を確認して下さい。この手続きが遅れてしまうと、新しいお部屋の賃料に加え、以前住んでいたお部屋の賃料を二重に支払うといったことになってしまいますので、注意が必要です。引越し日を決め、梱包用のダンボールや新聞紙集めを意識しましょう。引越しを業者に頼む場合は、複数の会社から見積もりを取ることをお薦めします。インターネットから一括見積もりも可能です。引越し業者への予約ですが、3~4月の繁忙期等には早めに予約をしておきましょう 。


STEP2 2週間前までに


引越しする業者の手配が終わったら、普段の生活になくてもよい物や、季節物から優先的に梱包し、荷造りを進めましょう。大型の家具や家電などゴミとして捨てる場合、粗大ゴミの回収は申し込みが必要な場合もあり、処分費用もかかるので、各自治体に問い合わせを。また、各種サービスについての請求書の送付先を変更する旨の連絡をしておきましょう。

 

STEP3 1週間前までに


電気、ガス、水道等の公共サービス等の停止の連絡をいれます。ガスについては、退去時に立ち会いが必要になる場合もあります。家賃や公共料金の支払精算も済ましておきましょう。また、新居の電気、ガス、水道が入居当日から使えるよう、各機関に連絡をしておきましょう。

 

 

STEP4 前日までに


当日使用する身の回り品以外のものを梱包しましょう。冷蔵庫や洗濯機はコンセントを抜いて、水抜きを。引越し当日の作業がスムーズにいくように最後の準備を進めましょう。

 

 

 

STEP5 引越し当日


引越荷物の搬出は思いのほか、時間がかかるものです。できれば朝の早い段階からスタートした方がよいでしょう。搬出日と搬入日が同じ日にある場合は、特に時間的な余裕をもって臨んでください。まずは、当日まで使用していたものを梱包し、引越し会社が到着したら、注意点や段取りを確認の上引越し作業スタート。すべての荷物の搬出が終わったら、積み忘れた荷物がないかチェックしましょう。また、家具を動かしたあとでは相当なゴミやほこりが出てきますので、ある程度の掃除はしておこう。賃貸の場合は、不動産会社立ち会いのもと、傷などをチェックして、問題なければ鍵を返却することに。新居の鍵の引渡しを受けたら、新居へ荷物を搬入しましょう。

 

STEP6 引越し後の流れ


新住所地の役所へ行き住所変更などの手続きを行います。 また、運転免許をもっている場合には警察署で住所変更手続を行いましょう。

 

変更手続きチェックリスト

電気・ガス・水道の手続き

引越しするときに、旧住居での電気・ガス・水道の使用停止と、新住居での電気・ガス・水道の使用開始については、早めに電力会 社・ガス会社・水道局に連絡しておきましょう。水道・電気に関しては、特に立ち会いは必要ありませんが、ガスだけは閉栓・開栓ともに立ち会いが必要なので気をつけましょう。

電話の手続き

NTTの局番なしの「116番」に掛けて、契約者名義、現在の電話番号、現在の住所と新住所、取外し及び引越し先での取付け希望日を連絡します。新住居で、すでに電話線が引き込まれている場合(集合住宅など、すでに宅内に配線がされている場合)はNTT内の局内での工事となるので、特に立会いなどは不要ですが、電話線が引き込まれていない場合(一戸建てなど、初めて引く場合)は、立会いが必要になります。

住民票の手続き

引越し前に、前住所の役所で「転出届」を提出し、「転出証明書」を発行してもらおう。手続きは引越しの2週間前から可能なところが多い。ちなみに、同じ市区町村内で転居する場合は、「転出届」ではなく、転居後に「転居届」を提出する。引越し後14日以内に、前住所の役所で入手した「転出証明書」と身分証明書、印鑑を持参の上、「転入届」を提出。

運転免許証の手続き

運転免許証の住所変更は、管轄の警察署にて行います。手続きには、運転免許証と印鑑、新住所を確認できるもの(住民票など)、都道府県を越えての引越しの場合は、写真1点が必要。身分証明として使う機会も多いので、早めに住所変更しておきたい。

車庫証明の手続き

自動車の所有者が引越したときは、自宅から2キロメートルの範囲内に車庫を確保する必要があります。新車庫もしくは駐車場が確定したら、転入届手続き後、管轄の警察署に申告します。必要書類は、車庫の見取り図・配置図・印鑑など。地域によって違う場合がありますので、事前に確認をしておきましょう。

自動車の登録変更手続き

車庫証明が取れたら、陸運支局にて自動車の登録変更を行います。引越してから15日以内となります。同じ陸運支局管轄内かどうかによって必要書類も変わります。違う管轄に引越す時は、車検証、住民票、車庫証明、印鑑を準備の上、手数料を添えて申し込む。当然ナンバープレートも変更となりますので、車で出向く方が良いでしょう。

郵便の手続き

ホームページや窓口設置の専用のハガキで申し込めば、現住居に送られてきた郵便物を、希望日から1年間、新居に転送してくれる。申請してから登録反映まで1週間程度かかることがあるので、早めに申請を済ませておこう。

銀行の手続き

引越しをした後で、銀行口座の住所変更をすませておきましょう。その銀行のお近くの支店の窓口で手続きするのが一般的です。持参するものは、お届け印・本人確認資料と預金通帳です。また、多くの銀行はインターネットで住所変更の手続きが可能です。

沿線から探すLine Search エリアから探すArea Search
沿線から探すLine Search エリアから探すArea Search
携帯サイトはこちらから